看護師免許証が欲しい!

「看護師免許証」を手にするまでの学生を見守っている看護教員のブログです。

昔住んでいた新潟市

今週のお題「好きな街」

 

 5年間ほど暮らしていた新潟市をいつも懐かしく思います。

 私は引っ越しの回数は多いのですが、関東地方以外に住所を動かしたことがあるのは新潟市だけです。

 

 日本海側にありますので、夏はフェーン現象で暑く、冬は分厚い雲に覆われて青空と太陽が見えません。

 関東地方とは上越新幹線関越自動車道でつながっていますが、ずいぶんと気候が違います。

 上越新幹線以外でも上越線新潟駅長岡駅信越本線)、磐越西線郡山駅まで出れば、東北本線水郡線で関東に入ってこれます。さらに磐越東線常磐線ルートもあります。

 まあ、新幹線を使わずに普通列車新潟駅と関東を行き来しようとしたら、群馬県以外の人は、1日が潰れる覚悟をしないといけません。

 かつては、「ムーンライトえちご」という夜行快速列車がありました。私も1回しか使ったことがありませんが、あまり寝心地はよくありませんでした。

 自動車で行く場合、関越自動車道以外では磐越自動車道いわき市新潟市を東西に繋いでいます。

 常磐自動車道東北自動車道で関東から北上し、磐越道福島県を西に進むルートです。

 東京と新潟市は直線距離で約250kmも離れた遠方です。東京から西に進めばおよそ名古屋市までと同じくらいの距離です。

 私の実家は関東から出たことはありませんので、帰省するときは、お金と時間がかかったことは忘れません。

 また、冬に関東と新潟を行き来すると、トンネルを超えると、天気がガラリ変わります。

 新潟から関東に出たときのカラッと晴れた青空と太陽はまぶしいです。

 逆に、関東から新潟に入った時のどんよりとして曇天は少し気持ちまで曇り空となってしまっていました。

 

 新潟市で一番最初にビックリしたのは、五十嵐町の辺りは砂丘で、地面はずっと砂地です。

 畑も砂で、土が見えません。

 砂の上に松葉が落ちていても、地面は砂地、葉っぱは針葉樹なので、雨の日に枯れ葉がグチャグチャになって…みたいにはならないのです。

 

 印象に残っているのは国道402号線(新潟海岸バイパス)ですね。

 新潟市関屋から西に向かって402号線は海岸沿いを走るのですが、夕方佐渡島の付近に太陽が沈んでいく海岸線はきれいです。

 関屋分水の浜浦橋(当時は名前を全く知りませんでした)では、海風をまともに車体の横に受けるので、風の強い日は危険です。

 雪の降って道路がアイスバーンになっている夜に、橋の上で信号待ちで止まっていたとき、横風に煽られて、ズズッ、ズズッと横に車がずれていく恐怖は忘れられません。 

 吹雪で目の前は白くホワイトアウトみたいになっていて、下はセンターラインも見えない雪に覆われたアイスバーン。怖かったですね。

 

 あとは、風に舞いあげられる雪は足元から逆巻く。傘を持っていても意味がありませんでした。

 新潟市に暮らし始めた最初の冬。新潟駅近くのコンビニでビニル傘を買って、外に出て、傘を開いた瞬間に風に傘を壊されて、呆然とした記憶があります。

 新潟市は雪より風のイメージが残っています。海風がさらにビル風となるので、新潟市の市街地は風が強いです。

 

 関東からすぐに行ける場所ではないので、しばらく新潟市には行ってません。

 その分、行きたいと思う気持ちが募りますね。

 

  

学生が休む時の理由

 こんにちは、エートスです。

 

 3年生も新学期が始まりました。

 私の勤めている看護学校は、3年生にはまだ講義が3科目残っています。

 4月の1ヶ月と1年生2年生の臨地実習期間にその講義を行なっていきます。

 3年生は1日に同じ科目が4コマ入ることもあり、結果として1日休むと欠席時間がギリギリになってしまいます。

 それだけで留年してしまうかもしれないという危機感があります。

 そのため、3年生の担任として、毎年新学期始まる最初のホームルームで学生に話すことは「体調管理」です。

 

 3年生は1年間のほとんどを臨地実習で過ごしますから、体調が整わなければ病院内に入ることも叶いません。

 学校の講義でしたら多少体調が整わなくても無理して受講する、ということもできました。

 しかし、臨地実習では体調が思わしくない時に実習をすると、結果として実習病院側に迷惑をかけてしまいます。

 今は新型コロナウイルス感染症が流行していますので、1人の学生に風邪症状があれば、その臨地実習グループ、クラス、学年の臨地実習が止まります。

 実習が止まるといっても、すでに新型コロナウイルス感染症が拡大してから2年以上の時間が過ぎていますので、学校内で対応策が決まっています。

 それでも、看護学生が「臨地実習でしか学べない」ことは多いですので、できる限りは臨地に赴きたいところです。

 今年度の3年生は、学生としての時間は全て新型コロナウイルス感染症流行期間と重なりそうです。

 入学当初から「手洗い」、「うがい」、「消毒」を言われ続けていますので、感染対策は耳にタコとなっているでしょう。

 

 最近感じている事

 担任をやっていて感じることは、以前は「熱が出たのでお休みします」、「風邪をひいたのでお休みします」と言ってくる学生が多かったですが、新型コロナウイルス感染症の流行以後はこの理由で休む学生が激減しました。

 感染症対策が徹底されたので、風邪を引きにくくなったとも言えます。

 ただ、「風邪をひいた」でズル休みはできなくなった、とも言えます。

 今風邪をひいたと学校に伝えると、教員の目の色と声音がたちまち変わります。

 当校では、①「必ず受診しなさい」と言われ、②「診断結果を必ず報告しなさい」、③「受診した結果を見せなさい」と言われます。

 受診した結果とは、請求書、領収書などをさします。深刻な感染症や長期間の休みでなければ診断書までは求めていませんが、紙など文字で見えるものを教員が目視確認できるようにさせています。

 建前上は「看護師はミスコミュニケーションを防ぐために医師の口頭指示だけでは動かない→処方箋・指示書による確認をする」としています。

 さらに、「受診しませんでした」、「家で様子を見ていました」と後から学生の報告を受けて、受診していないことが分かると、教員から「その判断の根拠は?」、「新型コロナウイルス感染症ではないと何故言えますか?」と更なる追い討ちを受けます。

 安易に「風邪」は言えないのが現状ですね。

 

 その代わりに増えたのが「頭痛」と「腹痛」です。

 繰返し休む学生はほぼこの2つですね。

 看護学校だと女子学生の割合が多いこともあって、「腹痛」には生理痛の割合も多いです。

 繰り返し生理痛で休む学生にはきちんと受診するように勧めています。

 また、看護学校には助産師の資格を持っている教員もいますので、「相談」という名目の面接も始まります。

 

 本来、欠席はないことがベストですが、体調を崩したときの対応はきちっとしておきたいものです。

 教員は休みが多い学生にはどうしても先入観を持ってしまいがちですが、「看護師」として観察・情報収集能力に磨きをかけて、「見抜く」、「見逃さない」、「見間違えない」ようにしていきたいものです。

 それでは、看護師国家試験の合格を祈って!

看護学生の最初の講義

こんにちは、エートスです。

 

 4月も中旬に入ったので、看護学校も新学期が始まっているのではないかと思います。

 1年生はまずは看護学概論から始まるのではないでしょうか。

 そして、何をおいても看護学を学ぶなら「フローレンスナイチンゲール」からでしょう。

 その後に続くのは、基礎看護技術と解剖生理学の講義だと思います。

 2年生は、1年生の終わりごろから各領域ごとの看護学が始まり、今後は各論が待っていると思います。

 3年生は、統合分野の科目と実習準備に忙しいところでしょう。

 

 改めて看護教員の立場になってから看護学概論を読み直すと、「難しい!」と感じます。これほどの内容をさらっと1年生の最初に講義されても、理解はできずに頭の上を言葉が通り過ぎるだけでしょう。

 実際、私が学生時代に看護学概論で何を習ったか覚えているかと聞かれても、上述のナイチンゲール以外は何を教わったか覚えていません…

 ある意味、(自己弁護になりますが)看護学概論でナイチンゲール以外覚えていないのは妥当だと思います。

 何故なら、看護学概論は文字通り看護学の概論なので、内容は個別に詳しく学びなおします。各授業で、記憶を上塗りされているので、看護学概論で教わったという記憶が残らないのだと思います!(強調)

 

 少し脱線したので話を戻すと、看護学概論は学生が看護学校3年間で学ぶことを1科目にまとめています。

 よくWebライターなどでは、PREP法と呼ばれる結論を先に述べる記述法が推奨されています。その方が読者に意図が伝わりやすいからだと言います。

 看護学3年分のまとめから講義するので意図が伝わりやすく…

 いや、無理でしょう…

 看護学の初学者にいきなり看護学のまとめを講義するのですから、理解できるとは思えません。

 看護学ってこんな事を勉強するんだよ、という紹介程度なのでしょう。シラバス代わりになればいいな、という感じでしょうか。

 

 続く解剖生理学!

 解剖生理学は看護師国家試験に向けて学生が最も弱い箇所の一つです。

 3年生の模擬試験結果を見ても、解剖生理学は全国平均で60%前後と成績は振るいません。

 看護学概論に続き、1年生は難しい科目の講義が続いていくと言っていいでしょう。

 

 そういった意味でも、看護学生は5月病にかかっている暇はないのです。

 看護師を目指して看護学校に入学してきた学生にとって、難しい科目が続いてく1年目は大変な時期です。

 2年生から3年生の臨地実習が2回目の難関ですが、この時期には「看護師になるぞ!」と覚悟が決まっている学生が多いです。

 しかし、1年生の最初の頃ですと「こんなはずじゃなかった」、「思っていたのと違う」と言ってリタイヤしかねません。

 メンタル、学習の両面でサポートが必要な時期です。

 新入生を迎えた学校教員として、頑張っていかなくてはいけないと感じました。

 

 それでは、看護師国家試験の合格を祈って!

自慢のL字デスクは組み立てで泣きました。

今週のお題「わたしの部屋」

 

 私の部屋は3.5畳の書斎です。

 正しくは書斎というよりパソコン部屋です。

 パソコン2台(デスクトップとノート)のほか、Wi-Fi6に対応したルーター、プリンターとスキャナー、iPadが所狭しとおいてあります。

 そしてLOWYAのL字デスクが一番のお気に入りです。

 3.5畳の狭い部屋で組み立てるのは大変でした。

 組み立ては足から組んでいきます。

 天板となる位置を下に向けて組んでいき、最後に天板側を上にひっくり返す作業が必要になります。

 このひっくり返す作業をするにあたって、私の部屋の横幅とデスクの横幅がピッタリだったので、きれいにひっくり返すことができずにデスクが傾いた時には壁紙が間違いなく傷つきます。

 その防護のために壁に段ボールを貼っていくと、今度は段ボールが引っかかってデスクを起こせない、という事が発生しました。

 これでは無理、と思い別の部屋に一度移してからと考えましたが、出入口が狭くて外にも出せない、となりました。当然、外で組んで中に入れることもできません。

 最後は意を決して、慎重にひっくり返すことにしましたが、かなり重かったです。

 特にデスクの形がL字であったので、その分ひっくり返すときには高さが出てしまい、足を完全に床につけるまでは労力を必要としました。

 天板は黒い強化ガラスですが、これが重いです。

 また、天板を支えるのがパイプに取りつけた吸盤で、平行に下ろすことができずに、一部の吸盤に重心がかかると、天板が傾いてしまいます。

 それを調整しようと持ち上げようとしても6個の吸盤が抵抗して簡単には上がりません。

 どうしたものかと悩んだ挙句、商品レビューを読んだら、吸盤とガラス天板の間に紙を入れて、傾き調整ができてから紙を抜くというテクニックが書かれていたので、それをまねる事で乗り切ることができました。

 L字デスクは、壁の隅にL字の角を押し付けるか、壁の隅に椅子を置いて、部屋全体を見渡せるようなデスク配置にするかの2通りかと思いますが、私の部屋は前者です。

 後者にすると、椅子にどうやって座るか?の課題が出てしまうので無理でした。

 

 一息ついて出入り口から眺めると、木目調の壁と黒のL字デスクがうまくマッチしていて苦労が報われました。

 親戚や友人にL字デスクの値段を言うと予想より低くてビックリされます。見た目はすごく高級感があります。

 ガラス天板に物を置くときは少し気を付けてそっと置くようにしていますが、意外と丈夫で傷がつきません。

 ガラス天板に手垢がついてしまうと汚れて見えてしまいますが、その分整理整頓と掃除はマメにやるようになりました。

 不満は高さ調整ができないことと、キーボードスライダーがあまり出てこない事。

 キーボードのファンクションキーがガラス天板に隠れてしまい、キーボードが打ちづらいことがあります。あと5cm出てくれると申し分はないのですがね…

 キーボードをコードレスにしてガラス天板に出して使うか、我慢することになります。

 

新入生の感染予防行動

 こんにちは、エートスです。

 

 4月に入りました。4月1日が金曜日だったこともあり、今週が看護専門学校の入学式ウイークとなっていると思います。

 新型コロナウイルスが落ち着いたと思ったら第7波の話も出てきています。今年度も新型コロナウイルスと戦うか付き合うかしていく年となるのでしょう。

 当然ながら、新入生に新型コロナウイルス感染症対策を身に着けてもらうことが学校が取り組む優先順位の高い課題となるでしょう。

  

 そういう目で新入生を見ていると、プッシュポンプ式の擦式手指消毒薬をちょっと押しただけの学生が多いこと、多いこと。

 在校生はきちんと一番下まで押し込んで擦式手指消毒薬を手にしているかというと、そうでもないでしょうが、看護教員の目が光るところではしっかりと対処行動を起こしています。

 プッシュポンプを一番下まで押し込んで十分な薬液量を手に取らないと、教員から「やり直し」と言われて、挙句の果てに教員の目の前で薬液が乾燥するまで衛生学的手洗いを実施させられます。

 薬液量が十分でも、最初に手のひら同士を合わせて擦ろうとしたら、「爪から!」と注意が飛びます。当然やり直しです。

 さらに、爪が伸びていると、注意が重なっていきます。

 そういう事を繰り返し指導されていますので、在校生は(少なくとも教員の目の前では)衛生学的手洗いの意識があります。

 

 新入生にはその意識が乏しいので、また1から口うるさく衛生学的手洗いの指導をしていくのかと思うと、少々気が重いです。

 

 もう一つ学生が教員に繰り返し中止されることとして挙げられるのは「荷物を床に置くこと」です。

 感染予防の考え方の一つにゾーニングがあります。

 膝から下、腰から下と程度に差はあれど、下のエリアは不潔な空間という考えがゾーニングに含まれます。

 当然ながら、床に物が接触するのは不潔です。

 下に物を置きたいときでも直接床に置くことはせず、例えば何か敷くとか、床から宙に浮かせるとか対処をします。

 学校は病院や高齢者施設ではありません。床に病原性微生物がいる訳ではありませんが、看護学校職業訓練校です。臨地実習に行ったときや臨床看護師となった時に、ゾーニングの考えが分からないではすみません。

 

 感染対策は日常生活の中に落とし穴があります。

 医療スタッフから医療スタッフへの感染は、病室で患者に援助している時のリスクより、スタッフの控室で起こるリスクが高いと考えられています。

 感染症患者のケアの最中では緊張から感染予防が徹底されていても、気が緩んだときには感染予防行動も緩むのです。さらに飲食を伴うとなればなおさらです。

 

 看護学生は日常生活の中から感染予防の意識を高めていかなくてはいけません。

 看護教員は小うるさくならなくてはいけないのです。

 

 それでは、看護師国家試験の合格を祈って!

 

AIの普及と看護師

こんにちは、エートスです。

 

 今日、仕事で外に出て事務的な書類手続きをしていたとき、隣の窓口で「書類の期限が切れています。この後どうするかは5番窓口で相談して下さい」と、受付職員が返答しているのが聞こえました。

 そのように返答された書類を提出していた女性は「期限が切れているとはどういうことですか?そのような話は聞いていませんが」と問いただすと、受付職員が「5番窓口で相談してください」とバッサリと質問を受けることを拒否していました。

 

AIの時代の到来

 出だしたから看護と関係なさそうな話から始まりましたが、上記の場面で隣で聞いていて感じたことは、「AIの時代が来たら、必要ない人材かな」という冷たい感情でした。

 困っている人への対応を拒否する。看護としては決して行ってはいけない対応です。

 しかし、臨床において、忙しい場面や認知症の患者さんが同じ質問を繰り返ししてくる場面ではどうしても、バッサリとコミュニケーションを拒絶したくなります。

 それは今AIが人から職業を奪っていくとされる現代では危険な考え方です。

 

アップルウオッチの登場

 アップルウオッチは画期的な商品です。今や心電図や酸素飽和度まで計ることができます。iPhoneやPCとの連携で色々な役割を果たすことができます。

 看護業務という視点で見ると、看護師のバイタルサインという業務を代行してくれているようなものです。

 アップルウオッチは心電図のモニタリングをするだけですが、AIの技術と組み合わせると、(法律的な壁は脇に置いておくと)医療的診断ができるようになるのも時間のうちです。

 

看護業務がAIに取って代わられる

 話があちこち飛んでいますが、結論として何が言いたいかというと、「看護師の業務はほぼAIに代用してもらえる」ということです。

 体温、脈拍、血圧、心電図、呼吸数、酸素飽和度といった看護師がバイタルサインと呼んで毎日計測するものは、電子機器及びAIが代用できる状況になりつつあります。

 AI防犯カメラという技術は、万引きをしそうな人&買い物に困っている人を見つけるとスタッフに連絡がいきます。それに従いスタッフがその人に声をかけます。これによって、万引きの防止と顧客満足度向上を図っています。

 レストランでは配膳ロボット・料理ロボットが登場してきています。一定業務であればAI管理されたロボットが業務を行える時代です。

 実際医療現場でも、手術ができるAIロボットが登場しています。

 AI防犯カメラと配膳ロボット・手術ロボットの技術を応用すれば、看護師の業務の大半は代用できると言えるでしょう。

 

癒しの領域もAI

 日本看護連盟HPの会長マンスリーに

『「看護のこころ」を十分考慮したAI開発』

引用元:https://kango-renmei.gr.jp/monthly/12838

という一文がありました。

 アザラシ型のロボットパロの登場で、AIは「癒し」の領域も対応可能であるという認識が医療の世界でも広がりつつあります。

 今後、癒しもAIが行うことが普通になるのではないでしょうか。

 

正しいことの追及

 看護師の業務は患者の命・生活を左右する決定場面となることが多いです。その意味では、過誤は許されないこととなります。

 しかし、医療安全の考えでは現在「ヒトは間違いをする」が前提となっています。

 そのため、人が間違えることがあっても重大な患者への損害を与えないようにする、というアプローチで、医療安全は対策を考えることになっています。

 さて、AIはどうでしょう。人に比べて間違いを犯すリスクは極めて低いです。

 どのような時でも、膨大な知識の中から冷静な判断が出され、その結果として導かれた行動をAIが指示し、ロボットが行動します。

 正しいこと、効率的であることを追及すればするほど、その先にはAIに取って代わられる未来が待っています。

 

看護師に何ができるか

 トラベルビーのラポールの考えが重要であると考えます。

 対人関係の中での信頼関係の確立。

 この要素を大事にしていかないと、看護はAIに取って代わられることになるのではないでしょうか。

 特に終末期、慢性期、老年期の看護場面では、「正しい」ことより「信頼関係」が重要視される場面が多くあります。

 一例ですが、臨地実習で看護学生が患者と深く信頼関係が結べていた。ある時看護学生が間違えた知識を患者に伝え、後で臨床看護師に訂正されることになった。

 このような場面で、「学生さんが私のために一生懸命勉強して、考えてきてくれたんだから」と患者が許してくれることがあります。 

 学生だから間違えることもある、と患者の心の中で処理してくれているのかもしれませんが、場合によっては患者自身の生活や身体機能・生命に影響が出ないとも限りません。

 それでも、学生を許してくれる寛容さはどこからくるのでしょう。

 この場面では「正しさ」よりも看護学生が全力で看護を行おうと頑張っている姿に、患者がより良いものを感じてくれたからだと考えます。

 すべてがこのようになるわけでありません。例外と言ってもいいでしょう。しかし、看護の中で正しさを追求するならば、看護師はAIには勝てません。

 「正しさ」以上の価値となるほどの「信頼関係」を築く。

 そこに、看護師の存在意義があると思います。

 冒頭の受付職員の対応は、それこそAIの得意分野です。

 インターネットでの申し込みで「○○エラー。入力内容を見直して、訂正してください」と表示された場面では申し込んだ人は指示に従うしかありません。

 AIに入力内容を相談して妥協してもらおう、対応してもらおうと考える人は皆無です。申し込む側が何が間違いなのかを自ら追求して修正しないといけません。

 忙しさや看護師の業務の多さを理由にして信頼関係の構築が後回しになるのであれば、それはAIによる業務代行が加速することになるのでしょう。

 

 シンギュラリティ

 シンギュラリティは人工知能が人類の知能水準を超える、AIが人類の生活を大きく変化させるといった意味合いで語られます。

 もしシンギュラリティが起こるとしたならば、それは現在看護学生が看護師として働いている時代のうちには起こることでしょう。

 その時、看護師はどれだけの業務をAIに奪われてしまうのでしょうか。

 

共感、傾聴、受容

 人は理想論とは異なる判断をすることも多い生き物で、それを受け止め、そのうえで共に過ごすという判断を看護師には求められてくると思います。

 共感、傾聴、受容というコミュニケーションの基本を大事にしていくことです。

 

 今の看護学生はSNSの普及で、非言語的コミュニケーションを活かしたコミュニケーション能力が低下していると言われています。

 しかし、AIが普及してくる未来に看護師に求められるのは、機械を介さない直接的なコミュニケーション能力でしょう。

 課題山積です。

 

 話が長くなったので、ここで終わりたいと思います。

 それでは、看護師国家試験の合格を祈って!

第111回看護師国家試験の合格発表

こんにちは、エートスです。

 

 第111回看護師国家試験が実施されてから1か月以上が経過して、看護師国家試験の合格発表日が来ました。

 私が勤務している学校の合格率は、まあ脇に置いておくとして結果が分かるまでの時間はドキドキしますね。

 今日は看護師だけでなく、保健師助産師の合格発表も一緒にありました。

 厚生労働省のホームページを参照すると、

引用元:国家試験合格発表|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

 臨床工学技士、義肢装具士、歯科衛生士、歯科技工士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師言語聴覚士も同日の合格発表となっていました。

 

 例年の事ですが、厚生労働省のHPに14時発表と書いてありますが、14時ぴったりに合格発表(速報)が更新されて、発表を見ることはまずありません。

 だいたい、15分から20分は待つのですが、今年は30分近く待つことになりました。

 その頃には、どのような方法かは知りませんが、Twitterでは合格速報が流れていたりします。

 思わず見てしまうこともありますが、やはり学生の合否は公式発表で確認したいので、我慢して厚生労働省のHP更新を待ちました。

 

 もう一つ気になるのが、必修問題と一般問題+状況設定問題の合格ラインです。

 必修問題は、50問出題で、80%が合格と決まっています。40点としていないのは、採点除外などの不適切問題の処理があるからです。

 今回第111回看護師国家試験は、またもこの採点除外等の取り扱いをした問題が複数出ました。

 

引用元:第108回保健師国家試験、第105回助産師国家試験及び第111回看護師国家試験の合格発表|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

 

 必修問題は、午前問題第1問、6問、午後問題第7問と3つで、一番最初の問題が完全除外となりました。

 結果として、40点以上/49問、39点以上/48問という、複数の合格点です。

 そして、今年は一般問題+状況設定問題(250点満点)が170点を超えるのではないか、と話題になりましたが、蓋を開けてみれば167点で170点超えとはなりませんでしたね。

 最終的には、東京アカデミーさんが出した平均点197点から30点を引いた値となり、いつもの結果となりました。

 

 同時に、第111回看護師国家試験の正答も公表されましたので、各業者から色々な分析結果が出されてくることになるでしょう。

 これから1週間は教員セミナー(オンライン)の日々となります。

 今後、看護師国家試験の話題は出題基準の改訂へと変わっていくでしょう。

 もう次年度、第112回看護師国家試験の対策がスタートします。

 

 それでは、看護師国家試験の合格を祈って!